主な用途
金属の熱処理、表面処理、調質、粉末金属の焼結、材料の溶融、溶解、還元雰囲気中でのロー付け、電子工業、窯業、化学工業での各種材料試験、研究開発など
温度制御方法
セラヒータは、温度による抵抗値の変化が大きいため、電力制御を行う必要があります。温度制御は、吐出口の温度制御用R熱電対を使用して行います。ヒータ内部の過熱防止用R熱電対は、ヒータの保護用に使用します。
別売りの専用コントローラを使用すれば、任意の温度の熱風が簡単に得られます。
(写真の温度コントローラは、オプションとして、流量制御バルブ、流量計、圧力計、抵抗値測定計、タイマが付属しています。)
温度コントローラ